ご相談件数     12件   突破しました!


【働き方改革!?】生きやすい働き方とは?

2020年9月30日生きやすくなる方法,発達障害グレーゾーン,転職

仕事って、続けられないとダメですか?
 
 
現代は、転職者も多く、2019年には351万人もの人が転職をしています。
私自身、仕事に関しては苦しい思いをしてきており、転職も経験しております。
 
 
 
ですが、そもそも、仕事って続けられない人はダメなのか?
 
 
という疑問を持って、調べていくうちに、仕事が変わることは悪くない!
と思えるようになってきたのです。
 
 
もちろん、無理なく続けられるのなら、それで良いのですが、苦しくてもずっとその仕事をやり続ける必要はないでしょう。
 
 
 
私は、普段生きづらさを抱える人達のためのコンテンツを配信していますが、生きづらさの原因の一つに「仕事」に関する悩みも多いのではないでしょうか。
 
 
 
そして、発達障害のグレーゾーンの人は、はっきりとした診断がつかず、障害者手帳が発行できないため、就労に関して必要なサポートが受けられず、悩みを抱え、二次障害になりやすいという傾向もあります。
 
 
 
みんな、
 
 
自分の豊かで健康的な生活のために
仕事を選んで良い時代
 
 
なのです。
 
 
そして、仕事は何回でも選びなおせます。
 
 
 
今日は、仕事で悩んでいるあなたへ
無理に続けなくてもOK!
 
 
自分のライフスタイルに合わせて
仕事を組み合わせていこう!
 
 
と思ってもらえるようなブログになれば幸いです。
■自己紹介■
Name  →  ぴよ。

「心に寄り添う」
を1番に考えた相談窓口の開設者。
生きづらい人が、少しでも生きやすくなれるような
情報や、カウンセリングのご案内しております。

YouTubeのチャンネル登録、 Twitterのフォローもよろしくね☆

密かに、自分の本を出すのが夢。。

仕事を探す上で見る3つのポイント

仕事をしよう。と考えたときに、
誰もが考える3つのポイントが出てきますので、
まずはそちらを説明しますね。

金銭面

まずは、1番気にする金銭面です。
仕事の大変さは別として、たくさんお金の貰える仕事があるなら、やりたいですよね。
 
 
ですが、現実的に給料が高い。ということは、
キツイ仕事や専門的知識が必要な難しい仕事だったりするため、続けられないことが多いのではないでしょうか。
 
 
お金を求めて会社員になるなら、昇給やボーナスのしっかりした会社を探し、地道に年数を重ねて働くのがいいでしょう。
 
 

自分の得意なこと

皆さん、一つくらいは自分の得意なことがあるのではないでしょうか。
それが活かせる職を見つけて働けば、仕事になります。
 
 
ですが、自分の得意分野によっては、仕事になりにくいものもあったり、
得意なことと、苦手なことの差が大きい人にとっては、得意なことだけ出来る仕事を探すのも大変ですよね。
 
 
 
得意な仕事をしたいのなら、やはり多少の苦手も克服する必要はありそうです。

自分の好きを仕事にする

これは、正直、お金になるか分かりません。
 
 
趣味が高じて仕事になり、お金を稼ぐまでになるのは簡単なことではありません。
 
 
もちろん、成功している人もたくさんいるので、諦めず継続して続けて行ける方は良いのですが、皆さんが想像する仕事というよりは、どちらかというと、趣味に近いです。
 
 
でも、現実的に無理なく趣味で稼いでいけるのであれば、幸せですよね。
 
 

じゃあ、どうすれば?

上記の3つのポイントを気にしていると、結局、続かないし、出来ることもないし、趣味で稼ぐなんて、無理。
 
と思ってしましますよね。
 
 
 
ここからは、仕事に関して幅広く実践できそうな方法をいくつかご紹介しますので、
自分に合うように選びながら、1番自分が楽に働ける方法を探していきましょう。

正職員の仕事を探す

~オススメな人~
 
・勉強する意欲のある人
・クローズ就労を考えている人
・金銭の安定を目指す人
・1日8時間働ける人
 
 
 
正職員で仕事をしたい人は、職を探す方法は大まかに2つあります。
 
 
①ハローワークへ行く
②インターネットで探す
 
 
 
①がオススメな人は、1人で決めるのは不安だから、誰かに相談しながら決めたい人や
仕事に関して心配事があり、専門員に相談したい人もこちらが良いでしょう。
 
 
 
②がオススメな人は、自分で見極めて自分の判断で決めたい人や行動力があり、自ら会社に電話することが苦にならない人も、こちらが良いです。
 
 
 
 
正直、人間関係等に関しては、どちらも入社してみないと分かりませんが、
私の経験から1つお話しさせていただくと、ハローワーク求人の方が、やはり信頼度は高いと思います。
 
 
クローズ就労と書いたのですが、冒頭でも書いたとおり、発達障害グレーゾーンの方だと、診断がつかず、何かと障害者に関する就労支援は受けられない可能性が出てきます。
 
 
そのため、自分の体調とも相談しながらも、正職員で安定したお金を得たいという方にとっては、入社時には自分の特性については触れずに入社するのも一つの手です。
 
 
 
自己肯定感が低くなっている方は、何となく騙して入社しているような気持ちになってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。
 
 
 
診断がついていないのは事実なのですから、あなたが話したいと思っていないのに話す必要はないのです。
 
 
働きやすさを求めるためには、入社した後に、少しずつ周りの人に分かってもらうのが良いかもしれませんね。

パートタイムで働く

~オススメな人~
 
・休みを取りたい人
・空き時間が欲しい人
・人間関係に悩みがある人
 
 
 
パートは、職種も時間もかなり幅広い働き方が出来ます。
 
2~3時間のパートを2つ。など掛け持ちをすることも出来たり、組み合わせによっては、楽しく仕事が出来る可能性は高いのではないでしょうか。
 
 
 
希望の休みも取りやすく、辞める際も比較的辞めやすいのも良い点です。
また、人間関係が多少煩わしくても、時間を短くしておくことで乗り越えやすくなります。
 
 
 
自分に合う場所があれば、そこで少し長めにシフトを入れてもらうなどの調整もお願い出来ると思うので、気持ちの面ではかなり楽でしょう。
 
 
こちらも、探す際は、ハローワーク、もしくは直接インターネットで探せます。

障害者雇用枠で働く

~オススメな人~
 
・障害者雇用で働きたい人
・オープン就労を考えている人
 
 
 
これは、病気やケガ、発達障害などの診断がある方のみになりますが、障害者雇用で働くメリットは、自分の苦手な部分を分かってもらいやすいということです。
 
 
 
自らの体調不良の日や病院の日などには、休みも取りやすいと思いますので、診断があり、更に、自分の状態を公表しても良い方は視野に入れてもいいでしょう。

資格を取得する

~オススメな人~
 
・時間に余裕のある人
・勉強する意欲のある人
 
 
 
資格取得を考えている人は、
 
 
「ある程度自分が興味をもっている事」
「働く幅が広がるかどうか」
 
 
という2つをポイントにすると良いと思います。
 
 
この2つのバランスが良いと、比較的モチベーションを保ったまま資格を取得することができて、更に、その後の仕事に活かすことが出来ます。
 
 
お勉強は大変かもしれませんが、自分のスキルやアピールポイントにもなってくるので、この先、何らかの資格を取得しておくことはマイナスではないでしょう。

在宅ワークを探す

~オススメな人~
 
・体調が安定しない人
・人間関係が続かない人
・休みを自由に取りたい人
 
 
 
現在は、在宅で出来る仕事もどんどん増えてきていますね。
 
 
フリーランスを目指す人も多くなってきており、ブログの運営やWebライターで稼いでいる人も多いです。
私も、フリーランスを目指し、現在奮闘中の身です。
 
 
 
フリーランスはちょっと難しそう。
 
という方でも、在宅ワーク求人はありますので、是非ネットで探してみてくださいね。
単発で、クラウドワークスランサーズでも、仕事があったりしますよ。
 
 
 
そして、これからは、ネットが必須の時代になってきますので、少しでもWeb関連の知識やスキルを付けておくのは良いことでしょう。
 
 

複数を組み合わせる

これらの仕事を複数組み合わせることで、自分の働きやすい形に近づけていくのが無理なく働く第一歩です。
 
 
少しだけ例をご紹介しますね。
 
 

正職員 × 在宅ワーク

正職員で働いて、なお、余力がある方は、ネットで手軽に稼げる在宅ワークはいかがでしょうか。
 
 
クラウドソージングサイトに登録することで、単価は安いですが簡単な作業で収入を得ることが出来ます。
また、収入を得るまでに時間はかかるかもしれませんが、ブログ運営もいいですね。
 
 
 
ですが、正職員で副業禁止のところも多いので、必ず確認してからにしましょう。

パート ×3

外で人と関わるのが好きで、いろんな仕事を飽きずにやりたいという方は、パートタイムをいくつか掛け持ちしてみてはいかがでしょうか。
 
 
自分のやりたい仕事を転々とすることが可能ですので、楽しく働けることでしょう。
 
 
 
空き時間で用事を済ませたり、買い物をしたりと、空き時間を活用するのが得意な方にも向いています。
 
 

パート × 在宅ワーク

パートと在宅ワークを掛け持つことで、更に幅が広がります。
 
 
家で稼ぐことと外で働くというバランスをよくすることで、お互いにストレス発散しあえるという効果が狙えます。
 
 
自分のライフスタイルに合わせて、休みの日を自由に決められるのもメリットの一つです。

*まとめ*

苦しい仕事を無理して続け、体を壊すくらいなら、辞めて自分の働きやすさと生きがいを追及した方が、人生楽しく生きていけます。
 
 
自分にはどんなスタイルが合っているのかを考えて、仕事を組み合わせていくと悩みも少しずつ減っていくでしょう。
 
 
 
 
まずは、自分の理想のライフスタイルを考えて、自分の体に無理なく楽しい働き方にしませんか?
 
 
 
 
 
 
 
悩みやご相談がある方はこちらからどうぞ↓
友だち追加