ご相談件数     12件   突破しました!


【HSPさん必見!】HSP共感文庫 ☆

2020年10月19日HSP,HSP共感文庫,お悩み,体験談

皆さんこんにちは!
ぴよ。です!
 
 

今回、Twitterでこんな募集をしました。

すると、なんと!
すぐに1人目の方からDMでご連絡があったのです!!
 
 
本当にありがたいです!
 
 
 
 
これから、このHSP共感文庫を少しずつ増やし、皆さんが生きづらいと感じたときに、解決策や共感をして安心できるものになっていけばいいな。と思っています。

HSP共感文庫 りんごさん

さて、本題ですが、
今回は、HSP気質のみお持ちの方です。
 
 
 
 
お名前→ りんごさん
 
年代→ 10代(学生さん)
 
HSP→内向的
 
 
保育士を目指されているとのことでした!
 
 
 
 
実は、りんごさんとは今回だけではなく、以前から少しだけ文章でやり取りをしたことがあったのですが、
 
とても人の気持ちに寄り添ってくれる方で、保育士さんが向いていそうだな。と感じました(^^)
 
 
 
そんなりんごさんは、現在、学生さんなのですが、苦労していることは「人間関係」とのことです。
 
 
 
いや~、やはりHSP気質の方は、人間関係で悩む事も多いですよね。
 
 
人の気持ちが分かってしまう。そして、人の気持ちが入り込んできてしまいますからね。
人間関係の悩みがあるのは、納得です。
 
 

HSP?と思ったきっかけ

 
りんごさんは、HSPかな?
と思ったきっかけが3つあるようなので、1つずつご紹介しますね。
 
 

音に悩まされた

小学生の高学年頃から、身内の食べる音が気になり始めたのをきっかけに、中学生になると、他の家族が食べる音も気になるようになってきました。
 
 
 
自分の気持ちや感情がコントロール出来なくなってしまい、耳を塞ぎたい、その場から去りたいと思うようになっていきました。
 
 
 
しかし、りんごさん自身、ご飯は一緒に食べなければならない。と思い、イヤホンを付け音楽を流しながら対応していたのですが、周りの家族からは「精神科に行ったら?」とまで言われてしまい、とても悩んでいたのです。
 
 
 
最近では、耳を塞いで少し泣くくらいですが、今も食べる音は気になります。

りんごさんは、音に関することで悩んでいたのですね。
 
 
一度気になると抜け出せなくなってしまう。
 
 
というのはHSPの方は多いのではないでしょうか。
現在でも悩んでいるようで、ご本人にとっては、とても辛いことだと思います。
 
 

血や悲鳴、痛いニュースなどが苦手

音の次に気になったのは、血や悲鳴などです。
 
 
歴史系のテレビで、人を刺す映像があると気持ち悪くなってしまったり、実際に震えて動けなくなり血の気も引いてしまいます。
 
 
刑事ドラマもコメディ系で、実行シーンがないのはOKですが、現場のシーンがあるものは見られなくなりました。
 
 
音を聞くだけで想像してしまうので、だめです。

HSPさんの「他人との境界線が薄い」というのは、実際に人と対面している時だけではなく、テレビなどからの影響もあるため、
 
 
日常生活で防いでいくにはやはり、自分の安心できる対策と、よき理解者の両方が必要ですよね。
 
 

人の気持ちを考えすぎて、疲れる

りんごさんが言ったことに対し、相手の方の先の回答まで考えて疲れてしまう。
 
 
 
そして、自身が苦手だと思う人のことでも「相手は自分の事を嫌いじゃない。」なのに、
「自分は相手を嫌いだから、いやな態度で接してしまって申し訳なかったな。」
 
 
 
でも、「どうすることも出来ない・・・」
と、相手の気持ちに関することで、自分の対応を振り返り、申し訳なさが溢れてきてしまうことがあるのです。
 
 
心の中で何度も「ごめんなさい。」と思う時もあります。

ああ、分かる!!
ぴよ。もこれを読ませていただいたときは、共感の嵐でした。
 
 
HSPの方は過ぎたことに対して「脳内反省」することが多いように感じます。
 
 
相手に対して、自分的に良くない態度をとってしまうと、申し訳ない。と思ってしまうのですよね。

疲れることはたくさん。だけどやはり「音」が気になる

音を気にし始めるとその場にいられなくなってしまうので、りんごさんは、音が苦手と感じているとのことでした。
 
 
 
しかも、自分だけが気になる・聞こえる音。
他の人たちは気にならないし、聞こえないらしいのです。
 
 
そして、1回気になるとコントロール出来なくなることで困っています。
 
 
今はだいぶコントロールできるようになりましたが、人と普通に接することが出来なくなってしまい、イライラしてしまうようです。

周りの人と共感出来ない苦しさを抱えてきたHSPさんは多いのではないでしょうか。
 
 
なんで自分だけ気になるのだろう。とやはり悩みますよね。
 
 
聞こえるものは聞こえるし、それでイライラしてしまう自分にもイライラなどなど、たくさんの苦労があったのではないかと思います。
 
 
 
敏感なHSPさんにとって、自分の敏感な部分を和らげていくのはとても大変で、周りの理解もまだまだ必要だ。と感じます。

対策方法

音が苦手なりんごさんの対策方法をご紹介します。
 
 
 
1回深呼吸したり、音楽を流し、自分の気になる音を聞こえないようにする。
 
 
 
という対策をなさっているそうです。
 
同じように、音が気になる方がいたら、是非、試してみてくださいね!
 
 
 
さらに、りんごさんのリラックス方法とストレス解消方法は、
寝ることや、ゲームをすること、音楽を流しながらゴロゴロすることです。
 
あとは、妹さんにぎゅーっとすることです。

か、かわいい!!(/ω\)
ぴよ。の私的な感情丸出しで、ごめんなさい(笑)
 
 

HSPで良かったこと

りんごさんのHSPで良かったと思うことは、
 
 
人の気持ちを無意識に考えているので、第一印象では絶対に、神様や、神的に優しい、優しすぎると言われることです。
 
 
自覚は無いですが、優しいらしいです。

ぴよ。もりんごさんは、優しい方だと思いますよ~(^○^)
 
 
でも、HSPさんって基本優しい人が多いかもですが、自覚はないんですよね。
 
 
けれど、第一印象で優しさを与えられるりんごさんは、それは強みだな~と勝手に感じているぴよ。でございます!

こんな質問もしてみました!

例えば、HSP専用で受診できるようなところがあれば行ってみたいですか?
 
という質問をしてみたところ、
 
 
「興味はあるので行ってみたいです。」
 
 
とご回答してくれましたよ!
 
 

私も、もしあれば行ってみたいな~と思っています!

現在の生きづらさ

りんごさんは、現在、生きづらいとのことでした。
 
 
無意識に耳で聴きとってしまうため、やはり音が苦手で、家族みんなで楽しくご飯を食べられないからです。

やはり、HSPさんにとって、自分の敏感な部分をどう克服すればいいのか、困りますよね。
 
 
どうしても耳を塞げない状況も時にはあると思います。

*まとめ*

いかがだったでしょうか?
 
 
 
 
今回、第1回目は「りんごさん」にご協力いただきました!
 
快く、引き受けてくれたりんごさん。本当にありがとうございます!
 
 
 
きっと、りんごさんと同じことで悩んでいるHSPの方は、意外と多いのではないでしょうか。
 
 
 
 
この記事を見て、一人でも多くの方が共感し、自らの悩みや生きづらさを減らしていく手立てとなりますように。
 
 
 
 
 
 
 
 
また、HSP+精神疾患、HSPのみ、精神疾患のみの方の体験談を随時募集しております!
 
協力してもいいよ。と言う方は、ぴよ。のTwitterDMでお知らせください!
 
 
ぴよ。→ @vc77an