ご相談件数     12件   突破しました!


読書の秋!オススメの本☆HSP・発達障害編

HSP,発達障害グレーゾーン,読書

皆さんこんにちは!
生きづら総合研究所、ぴよ。です!
 
 
今回は、私のやりたかった企画!
 
 
私の読んだ本や読みたい本をご紹介します(^○^)
 
 
 
これを見れば、ぴよ。の考え方の基盤が少し分かるかも!?
 
 
 
どれも素晴らしい本なので、気になった方は是非、一度見てみてくださいね~!
 
 
 
 
読書は、人の頭の中だけじゃなくて
 
心の深い部分に残ってくれて、自分の支えとなってくれますよね。
 

1番最近読んだ本

さっそく。
まずは、一番最近読んだ本をご紹介しますね!!
 
 
 
 

僕が僕であるためのパラダイムシフト

オススメ ★★★★☆
読みやすさ ★★★★★
人生豊かになる ★★★★★
 
これ、中身はマンガになっていて、とても読みやすいです。
 
 
私が通っているクリニックに置いてありまして、診察の待ち時間と終わってからの時間で、全部読み終わったほど気になってページをめくる手が止められませんでした!!
 
 
 
うつ病で悩んでいる人はもちろん、そうではない人にとっても、「人生を豊かにする考え方」が詰まってる本だな~
と感じましたので、一度読んでみるのをオススメします!!
 
 
Amazonの方では、試し読みも出来るので気になった方は見てみてください。

発達障害・HSP関連書籍

私はこの先、HSP、発達障害、精神疾患等について、独自に研究をしていきたいと思っており、
本を読んで基礎知識等を勉強することがあります!
 
 
知識はもちろんですが、より生きやすくなれる考え方も記載されているので、読んでみてくださいね。

大人の発達障害 グレーゾーンの人たち

オススメ ★★★★★
読みやすさ ★★★★☆
学習・分かりやすさ ★★★★★
 
これ、以前にも私のブログで紹介したのですが、2回も紹介しちゃうくらい、ほんと、これは読むべき~(´;ω;`)
 
 
HSPであり、ADHDグレーゾーンなぴよ。が激押しの1冊なのです!!
 
 
まず、発達障害グレーゾーンと言う概念について例を交えて分かりやすく説明してくれているところ。
 
 
悩みや共通性や対策など、項目ごとに分かれていて、イラストも書いてあって読んでいても飽きずに最後まで読むことが出来ました。
 
 
HSPの方も発達障害グレーゾーンの方も読んでおいて損はない1冊です。

「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法

オススメ ★★★☆☆
読みやすさ ★★★☆☆
対処術 ★★★★★
 
HSPさんは、思う部分があると思いますが、「ああ、いつも私ばっかり。」ということが多かったり、「相手に言われた言葉一つ一つに一喜一憂してしまう」など・・・
 
 
そんな、相手に振り回される~と感じることをなくす方法が記されています!
 
 
読んだその日から実践できる方法が満載で、私もこっそり実践して心が軽くなったのでオススメです~!!

「自己肯定感」をもてない自分に困っています

オススメ ★★★☆☆
読みやすさ ★★★★☆
前向きになれる ★★★★★
 
この本は、私が生きづらくなるのは「自己肯定感が低いせい」だと気が付いたときに読んだ本です。
 
 
マンガ+活字で、読みやすいです。
 
私は本が読むのが好きなので、活字だらけでもOKなのですが、マンガも入っていた方が主人公の気持ちに共感して、より内容も入りやすくなります!!
 
 
主人公の女性は自己肯定感が低く、人生に悩んでいたところから話はスタートします。
 
 
主人公と一緒にトラウマやそれに対する対処方法を学んでいけるので、読み終わった後には「自分もやってみよう!」
と前向きになれる1冊です!
 

敏感すぎて生きづらい人の明日からラクになれる本

オススメ ★★★★☆
読みやすさ ★★★★★
HSPさんへ ★★★★★
 
こちらは「人の影響を受けやすい」「親に支配されていると感じる」などなど、1つの悩みが1ページごとに分かれており、全部で58ケースあります
 
 
精神疾患についても多少触れられていたり、上手な断り方。など実践してみようと思える知識もたくさん書かれていますよ!
 
 
58ケースの中で、自分に当てはまるところに付箋を貼っておいて、読み返すことも出来そうですね。

図解モチベーション大百科

オススメ ★★★★★
読みやすさ ★★★☆☆
楽しく学習 ★★★★★
 
これは、HSPさん向けと言うわけではないのですが、モチベーションを上げるために大切なことが、実際に行われた実験をもとに書かれている本です。
 
 
人間の心理に基づいた面白い実験がたくさんあり、実際に数値としてみることで、説得力がすごいです(笑)
 
 
人により興味を持ってもらうには・・・
など、各テーマごとに様々な実験が行われており、白黒ではなく、黄色と青のカラー入りなので見やすいですよ。

嫌われる勇気

オススメ ★★★★★
読みやすさ ★★☆☆☆
生きやすくなる ★★★★★
これは、実はまだ読んでいる途中なのですが、夢中になってしまいます。
 
 
少し前に大流行りしましたが、今更ながら読んでおります(笑)
 
 
始めは哲学者の言っていることが分からないのですが、本の中に出てくる青年と一緒に少しずつアドラーの心理学を理解できてきていると思います。
 
 
これを最後まで読んだ時には、きっと、今より生きやすくなれる!
 
 
という希望に満ち溢れた1冊です。

「繊細さん」の本

オススメ ★★★★★
読みやすさ ★★★★☆
気持ち落ち着く ★★★★★
 
こちらも、実は読んでいる途中。
 
 
ですが、読み始めからにじみ出てくる良本感。
 
 
これは、読んで損はない。HSPである私の直感がそう言っています(笑)
 
 
 
 
読み進めて行くと、いくつも共感できる部分があり、心が落ち着く本です。
 
「繊細さん」といういい方も、とても優しい感じがして好感が持てますよね。
 
 
HSP気質アリ。だけど、まだ読んでない!と言う方は、是非、ぴよ。と一緒に読み進めましょう!

*まとめ*

まずは、自分の特性を知りたい方も、単純に障害や病気に関してお勉強したい方も、ネットで検索もいいですが、
 
 
 
学びに本は必須。
 
 
です。
 
 
本には、インターネットにはない知識や書いた人の気持ちや思いまでよく反映されています。
 
 
人が大切に作った本は、読み手にとって言葉以上に学ぶものがあり、より思いも伝わりやすいと思います。
 
 
 
インターネットが主流になってきた今でも、紙の本が多くの人に愛されているのには、人々の”温かみ”が詰まっているからだと思います。