ご相談件数     12件   突破しました!


疲れたから休もう。って思えない人

HSP,生きやすくなる方法,自己肯定感

みなさん、こんにちは!
生きづら総合研究所、ぴよ。です!
 
 
 
 
たまに、酷く疲れる。
前は、そんな疲れる自分が嫌で嫌で仕方なかった。
なんでこんなに疲れるのか原因も分からなかった。
 
 
でも、今は、疲れたなら休んで回復すればいい。
私は他の人より疲れやすい性質なんだ。
って思えてる。
 
 
 
 
本日はぴよ。がこう思えた理由を書きます!!
 
 

疲れやすい人の思考

疲れやすい人って、他の人と比べて罪悪感や自己嫌悪に苛まれることが多いんじゃないかな?
と思います。
 
 
 
他の人はあんなに行動出来てるのに。とか、自分はなんでこれっぽっちのとこで疲れてしまうのだろう。と思いがち。
 
そう思ってしまう理由として、
 
原因が分からないから
 
自己肯定感が低いから
 
自分に必要な分、休む暇がない
 
 
この3つです。

 

原因が分からない場合

原因が分からない場合は、まず自分自身を研究してよく知ることです。
 
私はHSP気質だったり、ADHDグレーゾーンだったりが原因と分かってから、少し気持ちが楽になりました。
 
自分の疲れやすい原因をよく探ってみる。
原因によって対処の方法も違ってきますよ。

自己肯定感が低い場合

自己肯定感が低い場合は、自己肯定感を上げる・・・
 
と言いたいところですが、これはすぐに上がるものではないのです。
 
これも、まずは、自分をよく知って、自分の自己肯定感が上がる方法はどれかをよく吟味する必要があります。

自分に必要な分、休む暇がない場合

自分に必要な分、休む暇がない人は、恐らく自己肯定感も低めで、他人に頼むのも苦手なのではないでしょうか?
 
休みたいけど、休むと誰かに迷惑をかけるから休めない。
とか、自分の気持ちにも余裕が無くなっていることも多いと思います。
 
なので、まずは、頼めそうな人に1番簡単なお願いからしてみる。
そこに、今日はどうしても疲れてて。と一言添えて相手の様子を見て見てください。

自分の気持ちを軽くするのは簡単じゃない!?

実は、自分の疲れを取ったり、自分の気持ちを軽くすることは、どれも今すぐに出来ることではないのです。
 
 
すぐに軽く出来るなら、こんなにたくさんの人が生きづらさで悩むことはないのです。
 
たくさんの苦しい、辛い思いをしながら、ちょっとずつ改善していくもの。
 
 
そして、ある日ふと、思い返した時に、あれ?前よりも心がラクだな。
って感じてるものなのです。
 
だから、今、苦しい人も辛い人も、自分の心を軽くすることを諦めないで欲しい
 
 

1番は「自分を知る」から始める

何をするにもまずは、自分をもっとよく知る事が大事です。
 
 
いつも自分の悪い所ばかり考えてしまう人は、良い所を考える。
良い所がない人なんていないんです
 
 
どんなに小さいことでも、いい部分ってあるから、それをあなたが見つけてちゃんと知って下さい。
 
 
 
大きい事じゃなくていいんです。
当たり前のことでいいんです。
 
 
人に合わせられる。とか、空気が読める。とか
あなたが自分で嫌だと思ってた事も、実はすごい長所だったりもするので、見落とさないで下さいね。
 

効果はじわじわとやってくる

これをやってもきっとまた、自分なんて、、、と苦しい気持ちになる事もあります。
 
 
すぐには変わりません。
 
 
でも、少しずつ自分の良い所を見付けて、
これってもしかして、自分の良い所??を増やしていくことで、
なんだか、前よりは少し心が軽くなってる。
と気づく時が来るのです。
 
 
 
そうすると、疲れがたまった時も、休んでもいいんだ。
少しだけ人にお願いして、この1時間だけでも休もう。
 
と少しずつ、休むことを自然に取り入れられるようになってきます。
 
 

自分軸と言われても・・・分からない・・・

自分を受け入れる。とか、自分軸になる。とか、よく聞く言葉ではあるけど、どうやるのか分からない。
という事が多いと思います。
 
 
これって実は、すごく変化が分かりにくくて
パッ!と分かりやすく変わってくれるものではないのです。
 
(本を見てると、これで変わる!とか書いてるので、すぐに変化があると誤解しがち。)
 
 
だから、変わろう変わろうと思っていても、なかなか変われないし、元の自分の思考に戻ってきてしまって諦めてしまうのです。
 
 
今までずっと休んでは行けない。自分はもっと頑張らなきゃ!
の思考で生きてきたのですから、1度、上手くいってもその思考に戻ってきてしまうことは当たり前です。
 
 
なので、時間をかけて、自分を知り、自分の良い所を意識して見つけて、また元の思考に戻ってしまっても、何度でも諦めずに、良い所を探し続けて見てください。
 
 
すぐには変わらないけど、少しずつ、少しずつ、生きやすさに近づいていきましょう。
生きやすさは逃げずに待っていてくれるので、ゆっくりで大丈夫です。

*まとめ*

相手のペースで生きてきた人が、自分のペースを掴むのはすぐに出来ることではありません。
 
 
日々少しずつ、「心が苦しい」「体が苦しい」を感じ取って休みを取り入れて行くのが良いでしょう。
頑張りすぎる人は、よく自分と向き合い、自分の頑張りすぎの状態を見極められるようになってくださいね。
 
 
人間が頑張り続けるのはどう頑張っても無理なことです。
疲れたら休みを取っていいのです。
 
 
どうか、あなたが心安らかに休めますように。
 
 
 
 
LINEでは無料でお話、相談を受け付けています!!
 
友だち追加